身近にうつ病で苦しまれている方はいらっしゃいますか?うつ病は、決して他人事の病気ではなくなってきています。現在、うつ病が身近にある方もそうでない方も、うつ病の治療方法について知識を得ることは非常に有意義であると考えられます。いざという時のため、ぜひ知識を蓄えておきましょう。

うつ病を知る

うつ病の症状とは

うつ病は現役世代にとって、大変身近な体調不良です。「心の風邪」と俗に呼ばれる位、現代人にとっては身近な問題であり、有名人の方々や一流アスリートの方々も実はうつ病に悩んでいます。自己中心的な性格な人…

Learn more

うつ病の要因とは

主に仕事の量の増加や人間関係のトラブル、社会環境の変化によって脳がストレスを感じとり、うつ状態になるといわれています。ストレスになる出来事は日常の中で特別なことではありませんが、それが重なることで…

Learn more

>

TMSとは?~うつを治療するための新しい方法~

うつ病の患者数

増加するうつ病の患者数について

「気分が憂うつである」「なんとなくやる気が出ない」などの症状をともなう「うつ病」。医学的には「抑うつ状態」とも言われていて、抑うつ状態が重い場合をうつ病と言います。うつ病の症状には幅があるので、軽い人もいればとても重い人もいます。2014年度の調査によると気分障害の患者数は約111万人だそうです。ですが1996年度の調査では、約43万3000人だったので2倍以上に増えていることになります。現在では10人から15人いれば、そのうちの一人がうつ病になると言われているので、日本人はうつ病にかかりやすい環境で、日々生活をおくっていることになるでしょう。患者数を男女別でみると、日本では女性の患者数が男性の約2倍になるので、女性のほうが男性よりも繊細な面が要因になってると考えられます。

うつ病になりやすい年齢層は?

とくにうつ病になりやすい年齢層は、10代~20代の若者と65歳以上の高齢者です。これには、理由があります。10代~20代の若者の場合は、思春期を迎えることにより、思いつめやすく悩みやすくなるからです。65歳以上の高齢者の場合は、病気などの身体的に悩みを抱えてしまう年齢だからです。高齢者のうつ病が増える原因としては、認知症も大きな要因になります。困ったことに、高齢者のうつ病は認知症と症状が似ているので、精神科医でないと区別をつけるのは困難に。家族に若者と高齢者がいて、いつもと様子が違ったり、暗い状態が2週間以上続いたら、精神科や心療内科に受診させるようにしてください。受診するなら、家族と同行するのがベストです。

うつ病と戦う

うつ病と戦うのは決して患者本人と医者だけではありません。家族や友人など、周囲の様々な人による支えが、うつ病治療にとって非常に重要なものとなっていきます。ここでは、うつ病と戦うための様々な方法について考えていきましょう。

うつ病の代表的な治療方法

強いストレスなどにより、脳内の神経伝達プロセスに異常が起きてしまい、気力の低下や思考のネガティブ化を引き起こしてしまうのがうつ病ですが、精神科・心療内科を受診した際に主に検討される治療法が薬物療法…

Learn more

周囲の人々による支え

うつ病と戦うのは本人です。しかし、患者本人だけがうつ病と戦っても勝てないかもしれません。本人が苦しいときに支えとなる周囲の人がいないと、戦えないのです。家族や友達など支えになる人はいるでしょう。し…

Learn more

うつ病治療の経過

うつ病において気分が落ち込む、食欲が無くなる、不眠になるといった症状が現れる時期を急性期と呼びます。多くのうつ病患者はこれらの症状により仕事や学校、日常生活が困難になることで病気を自覚します。その…

Learn more